美味しさを追求したら「雌牛の肉」

メスの牛を食べよう!

グルメ漫画「美味しんぼ」には…

メスの牛を食べよう!

大ヒットして、テレビアニメにもなったグルメ漫画に、「美味しんぼ」(小学館刊)があります。そのコミックの第6巻のタイトルは、まさに「牛肉の力」です。その中で主人公・山岡のライバルであり、父でもある海原雄山はこう言っています。

「牛の肉で旨いのは、子供を産んだことのないメス牛の肉だ! それも3年以上良い飼育で大事に育てられた牛だ!」
このセリフには農業関係者から多くの賛同の声が集まりました。

なぜメス牛はおいしいの?

メス牛の肉
きれいなサシ(脂肪分)が入るのが大きな特徴

なぜメス牛はおいしいの?

まず、オス牛とメス牛の成長の違いですが、オス牛や去勢牛のほうが大きく育ちます。また体質的に太りやすい傾向にあり、育てやすいのが特徴です。しかし、オス牛や去勢牛はその性質上、どうしても筋肉質になりがちで、その分、食べた時に若干固めの食感になってしまいます。

大事に育てたメス牛は、オス牛よりもきめ細かい肉質となり、きれいなサシ(脂肪分)が入るのが大きな特徴です。またその肉には、不飽和脂肪酸である「オレイン酸」が多く含まれます。メス牛はサシの溶ける温度が低いため口の中で滑らかな舌触りを生み、そしてメス牛の肉にたっぷり含まれたオレイン酸が旨みを発揮すると言われています。肉本来のおいしさを感じたいなら、断然メス牛がおすすめなのです。

ちなみにですが、和牛ブランドのうち「松阪牛」は、すべて「未出産のメス牛」が出荷されています。

オス牛の肉

オス牛の肉
メス肉と比べると全体的に脂身が多いのが特徴

流通が少ない。見た目もイマイチ。

しかしながら、実際にはメス牛は太りにくいという性格上、育てるのが非常に難しいという問題を抱えています。そのため生産者はどうしても成長が早くて太りやすいオス牛の育成に走りがちです。そしてメス牛に近いおいしさを求めて早くから去勢して、大きさはオスのまま、肉質はメスに近づけた「去勢牛」が多く流通しています。そのため実際の市場に出回る量として、メス牛は極めて少ないというのが現状です。もし他の店で手にしたトレーにメス牛が入っていたら、それはラッキーなのかもしれません。

そして残念ながら一般的に、牛肉にはオス・メス・去勢の表示はありません。実はメス牛は肉の発色があまりよくないという事実があります。オス牛や去勢牛のほうがピンク色の発色がよく、パッと見た感じではオスの方がおいしそうに見える方も多いことでしょう。そのため同時に並んでいたら、どうしても見た目でオス牛を手に取ってしまうパターンが多いのではないでしょうか。

 

高松精肉店は「メス牛」にこだわります!

産地やブランドにこだわらず、プロの目利きで勝負する当店。
表示はありませんが、ステーキ用、すき焼き・しゃぶしゃぶ用など、
値段が上位のラインナップについては、すべて「メス牛」を店頭に並べています。

脂の旨みが好みの方は他店で購入していただいても構いませんが、肉本来の旨みをお望みのお客様は、ぜひ当店におこしください
「最近、牛肉の脂がしつこくて…」といった年配の方にも、「あまり高い肉を買わないけど…」といった若い方にも、
牛肉本来の旨みを「メス牛で!」必ず感じてもらえるはずです。

長年かけて培った仕入れのネットワークを使って、常時メス牛を揃えて来店をお待ちしております。

  • バーベキューお肉向け盛り合わせご用意します
  • お問い合わせ
  • LINE@ 高松精肉店お肉友の会
ページ上部へ